私たちについて

コニカミノルタメカトロニクスが目指しているのは、
「人とマシン、それぞれが得意な分野を受け持つ新しい形」。
当社自慢の制御技術を武器に、コニカミノルタと一体となって
「人とマシンが会話しながら進化し続ける夢の自動化」を推進してきました。

コニカミノルタメカトロニクスの特長

特長01

60年以上モノづくりに携わってきた経験・ノウハウ。
だからこその技術力

当社は1949年創業です。コニカミノルタのグループ会社としてだけでなく、多くの社外のお客様からいただくご注文にも積極的に応え、日本の製造業を支えてまいりました。
光学機器や電子機器の組立製造やプリント基板のパターン設計・試作・実装を中心に、様々な各種加工部品の製造なども承り、多くの実績と豊富なノウハウを所有。その豊富な実装経験を基にしたプリント基板設計などは、お客様からも高い評価をいただいております。
近年ニーズの高い「軟弱部品の組立」といった省力化装置の設計・製作、金型の設計・製作をはじめ、「極薄物の板金加工」といった高難度成形や薄物プレスなど、多様な部品製造実績があり、その部品点数は1,000を超えます。

特長02

もっと早く、もっと正確に、もっと便利に。
次世代の生産方式「Digital Manufacturing」

最先端のインターネット技術(ICT)を活用し、生産プロセスの自動化や効率化を加速させます。人・場所・国などの変動に依存しない、柔軟な生産対応を具現化することで、生産拠点のワークフロー改革を実現する、製造業向けソリューションサービスです。
自動化技術においては、アメリカ、フランス、中国、マレーシアの各国における、コニカミノルタグループの海外立上げ支援を当社が担っています。

特長03

開発から加工、量産まで、すべての現場がここに。
お客様のニーズに応える幅広いソリューションと高いクオリティ

開発から生産までの一貫生産体制だからこそ、スピーディな短納期に対応できるほか、小ロット生産から精密部品の量産化まで、お客様のご要望に合わせた変種変量生産が可能です。
ほかにも「板金部品の開発・製造技術」、再生材を使った「ブローボトル成形技術」など、当社は一貫生産体制の強みを存分に活かす技術を保有しています。
プラスチック成形、板金、実装基板のすべてを日本品質でご提供しながら、リードタイム短縮、物流費・海外手配管理費の低減といった国内生産のメリットを活かし、高品質・低価格を実現させております。

ページトップへ戻る